IPv6でsambaにアクセスできるようにしたお話

Hey, guys!

お久しぶりです。mumvallです。

最近ネット回線をNuro光にしました!

Nuro光はIPv6に対応していたため、

自宅の機器にIPv6アドレスをふられるようにしてみました。

 

IPv6をhosts allowに加えよう!

sambaの設定でIPv6からアクセスできるようにしておかないと

IPv6アドレスからアクセスできません。

[smb.conf]


hosts allow = 192.168. fe80::/10

ちゃんとsambaはIPv6に対応してるみたいです。

 

Windowsからアクセスの方法がちょくちょくややこい

IPv4アドレスならsambaが立っているサーバのIPv4アドレスをエクスプローラーに入力すればいけましたが、IPv6はテクニックがいります(笑)

 

IPv4なら…


\\192.168.xxx.xxx\Share

のようにアクセスすればShareディレクトリにアクセスできます。

しかし、IPv6はちょっとちがいます。

 

IPv6なら…


\\fe80-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx.ipv6-literal.net\Share

Point

  1. :(ダブルコロン) を -(ハイフン)に置換する
  2. IPv6アドレスの最後に`ipv6-literal.net`と記述する

 

以上でアクセスできるようになります。

あ~ややこしかったよ~

ってかNuro光が人気の回線すぎて、工事完了まで1ヵ月かかるってなんやねん笑

回線は速いくせに、その他は遅いんじゃ あほんだら笑

 

Thank you for you watching!!

 

Refference

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です